QUPOG

QUPOGルール

基本ルール

  • 1種牡馬1頭制の1人10頭持ちとする。
  • 補欠は1頭までとする。
  • 対象期間を2歳新馬戦開始日から、翌年ダービー当日までとする。
  • ○外は4頭までとする。
  • 以下のポイント制で競う。
1P新馬戦、未勝利戦
2P500万下
3POP戦
4PGV
5PGU
7P朝日杯FS(GT)、阪神JF(GT)
8P皐月賞(GT)、桜花賞(GT)、NHKマイルC(GT)
9Pオークス(GT)
10P日本ダービー(GT)

海外・地方における勝利

  • 海外でのデビューは、勝敗に関わらずポイントに加算しない。
  • 海外における勝利は、そのグレード(GT〜GV)に応じ、日本でのポイントの倍とする。
  • 地方における勝利は、交流重賞のみ加算する。ポイントは一律2Pとする。

引退について

  • 引退とは中央競馬に登録され、その後これを抹消された場合をいう。
  • 引退後における勝利は、たとえ海外・地方で勝利をあげた場合でもこれを加算しない。

補欠について

  • 所有馬が引退した場合、補欠が繰り上がる。これはデビュー前のみとする。
  • 所有馬が死亡した場合も補欠が繰り上がる。これはデビュー前、デビュー後、レース中、調教中など、死亡時を問わない。
  • 引退または死亡した馬がそれ以前に獲得したポイントは有効とする。
  • 補欠馬が繰り上がり以前に獲得したポイントについても、これを加算する。

同着について

  • QU馬が1頭の場合、そのままポイント獲得する。
  • QU馬同士での同着の場合、ポイントを2頭に分配する。
  • QU馬同士且つ片方が補欠の場合、補欠でない方がポイントを獲得する。(後に補欠馬が繰り上がった場合は、ポイントを2頭に分配する。)
  • ポイントを分配して端数の場合でも、繰り上げは行わない。