休刊してしまった「MUSIC LIFE」誌で小野島が連載していた日記「記怒愛楽」は、意外に(小野島個人をなんらかの形で知ってる人からは)好評だった。かなり個人的な内容も多く含んでいたし、まったく面識のないアカの他人が読んで面白いものだったのかという疑問は残るが、「言いたがり、書きたがり」で、なんに対しても一言言わずにはいられない小野島にとって、この連載は楽しんでできたもののひとつだった。

 で、その続編である。話題は音楽に限定しない。文字数の制限がないので、余計なことを書いてまた物議を醸しそうな気がするが、ま、なんとかなるだろう。原則として毎日更新の予定だが、あまり自信はない(^_^;。