2003年8月23日(土)〜24日(日)

 メタモルフォーゼ@日本ランドHOWゆうえんち。午後2時ごろ出発したら東名に入った瞬間に事故渋滞。通常なら2時間もあれば余裕なのに着いたのは5時半ごろで、入場のための長蛇の列で1時間。ようやく入場したらもう夜で、暗くなる前にテント設営という目論みはあっさり崩れてしまった。暗闇の中で悪戦苦闘、ようやく落ち着いたのが8時20分ごろで、もう頭のデートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデンはとうに終わっていて、次のチャリチャリもそろそろ終盤に差し掛かろうかというころだ。8時半のヴォアダムスにはなんとか間に合いそうだったのでステージ前まで行って待つが、チャリチャリのDJが延々続いてなかなか始まらない。あとで聞けば、渋滞ため遅れたのはミュージシャンも同様で、この時点ですでに1時間半押しだったらしい。しかしチャリチャリのプレイがなかなか良かったのでふつうに踊っていると、10時ごろようやくヴォアダムス登場。これがもう、とんでもなくすごいライヴでぶっ飛んでしまった。見たのは確か去年のトゥルー・ピープルズ・セレブレイション以来で、あのときも良かったけど、今回はアイのテンションが比べものならないぐらい高く、演奏はダイナミックでグルーヴィ。強靱でしなやかな音が、意志をもって大きくうねっていくような圧倒的な存在感。ダンサブルだけど開放感の中にピンと張り詰めた緊張感が漂っていて、目も耳も離せない。バンドのアンサンブルもばっちり決まっていて、あれはやはり事前にかなり作り込んでいたんだろうか。ともあれ、今年いろいろ見た夏フェスの全パフォーマンス中、フジロックのビョークと並ぶ出来だったと思う。
 しょっぱなに見たヴォアがあまりにすごすぎたので、正直あとはおまけみたいな気分が濃厚で、印象はやや散漫。あまり体調が良くなかったこともあって、いまいち踊りにも集中できない。去年のライヴが衝撃的だったグリーン・ヴェルヴェットも、DJでは普通だったし。一休みしてやや体力回復、明け方になって見たジェイミー・リデルは面白かった。つか、ただのアホウ。あえて言えば「お笑い版ジム・フィータス」か? そして今年のお目当てのひとつ、フォー・テットはPAの出音が抜群に良かったこともあって、シャープでキレのいい電子音が気持ちよく聴けた。レコードでの印象を超えるものはなかったけど、それはこの手のエレクトロニカの宿命みたいなものだろう。ただし演奏時間は45分ほどと短く、なんだかあっさり終わってしまったのは残念。11時にすべてが終わり、遅ればせながらの真夏の日差しが照りつける中、テントをたたんで帰路につく。午前中の日差しだけですっかり陽に焼けてしまった。
 今年は武尊祭がなく、大きな野外レイヴはこれひとつで、メンツもかなりメジャーどころを揃えていたためか、入場者数は昨年の1.5倍だったそうだ(でも体感的には2倍以上に感じた)。来年も開催が決定したのはめでたい限りだけど、去年より入場者が激増しているのに飲食店の数が減り、ビールひとつ買うにも20分以上も並ぶという状況は、ちと問題あり。需要予測がむずかしいのは百も承知だけど、せめて飲み物類だけはストレスなく買えるようにしてもらいたい。でも楽しかったので来年も行きます。