2003年7月18日(金)

 カルメンマキ&サラマンドラ@吉祥寺スターパインズカフェ。アルバムが出た直後ということで、さすがに力のこもったライヴ。ツネマツマサトシが珍しく生ギターでゲスト参加、マキとデュエットでジャックスなどのカヴァー曲を歌うお楽しみも。マキのヴォーカリゼイションのテンションの高さには圧倒されたが、この日はとくに芳垣安洋のドラムも冴えていた。
 この人たちのライヴはいつもここでしか見たことがない。せっかくのレコ発ライヴ、都心から離れた場所で平日の開催では、見たくても見られない人も多いだろう。客の年齢層はきわめて高いからスターパインズカフェというハコには合っているが、新宿とか渋谷あたりで一度やってみてもいいんじゃないかと思う。お盆にはライジングサン・ロック・フェスティヴァルでもやるが、マキさん本人はフジロックでやりたがっている様子。ちなみにフジロックの2日目の6時15分ごろ、アヴァロン・フィールドで勝井祐二ヴァイオリン・ソロがあるそうです。これで勝井は今回のフジロック、UA、ROVO、渋さ知らズ、ソロと、なんと4つのちがうユニットで登場することになる。当初は1日目と3日目だけ出演が決まっていたので、2日目にもどこかでやらせてくれと申し入れたら、アヴァロン・フィールドでやることになったらしい。働き者ですな。今年の影のフジロック大将は決定か。

…………と書いたら、ノブユキさんから、シアターブルックのゲストでも勝井さん登場とのご指摘あり。なんと三日間のフェスで5回登場決定。いやはや……。