2003年6月9日(月)

 フォーク・インプロージョン@渋谷NEST。びっくりするぐらいの混み具合で、この会場でこんなに人が入っているのを初めて見た。こんなマイナーなライヴ・ハウスのマイナーなライヴなのに、次々と知り合いに会うし。海外赴任帰りの朝日新聞のKさんなんて、何年ぶりだったかなー。
 最初に出てきた弾き語り男性歌手(名前わからず)は肌に合わなかったが、2番目に出てきたDEERHOOFはかなり面白かった。日本人の女性ヴォーカルを含むサンフランシスコの4人組。先の読めない展開とダイナミックな演奏、そしてポップ・センス。
 この日の最大の目当ては、3番目に出たリミテッド・エキスプレスだったのだが、これが予想をはるかにうわまわる面白さ。言ってみればメルト・バナナとむかしのボアダムスを融合させた感じだけど、メルトやボアがハードコア・ベースなら、このバンドはグランジ〜オルタナ以降ってところか。演奏のバネが効いていて、エネルギッシュでダイナミック。そしてめちゃポップで人懐っこい。演奏のあいだ中ずっと楽しそうに笑っているベース&ヴォーカルの女の子が超チャーミング。ジョン・ゾーンのツァディックからアルバムを出しているが、レコードよりライヴのほうがはるかにいい。次はぜひちゃんとしたエンジニアと仕事させてあげたい。演奏終了後ヴォーカル&ギターの男の子とちょっと話したけど、なんとなくポリシックスのハヤシ君を思わせるなかなかの好漢でした。会場で会った高橋健太郎さんも絶賛していた。彼の、このバンドは世界に通用するって評価、ぼくも賛成です。ちなみに今年のフジロックの「ROOKIE A GO-GO」の公開オーディション候補に選ばれたそうなので、みんなで応援の投票をしよう。
 で、トリのフォーク・インプロージョン。ルー・バーローってセバドー時代から聴いてるけど、ちょっと個人的には距離を感じる人。この日もあったかみのある、いいライヴだったけど、それ以上の感動はなし。こういう音楽って、やっぱり歌詞がダイレクトにとびこんできてナンボって気がするんだけど……。