2003年5月31日(土)

 原爆オナニーズ@初台ドアーズ。合計5バンドも出るちょっとしたイベントだった。

 最初に出たFUCK ON THE BEACHはシンプルな2ビートで押しまくる典型的なハードコアで、音楽的な面白みは薄かったが、一生懸命なパフォーマンスは好感が持てた。続くDIE YOU BASTARDもオールド・スクールな感じのハードコアだが、けっこう年齢のいっているバンドらしく、演奏にグルーヴがあってなかなかの妙味。ヴォーカルのおっさんキャラが最高で、MCには大笑いさせてもらった。機会があったら次も見よう。ブラフマンは先日の原爆のライヴの対バンで見て以来2回目。近ごろの若手パンク系のなかでは個性・音楽性とも突出したものがあるのはよくわかるんだけど、スロウで静かに始まって途中から激しくなる、という曲調がみな同じでパターン化している気がしたのと(これはたまたまこの日のメニューがそうだったのかもしれないが)、ちょっとステージでの振る舞いがカッコつけすぎな印象を受けて、絶賛までは至らず。


 そしてこの日の目当てのひとつ、再結成した外道。見たのは高校生のとき以来だから20数年ぶりか? さすがにキャリアに恥じない、オールド・スクールだが骨太なハード・ロックは、予想以上にかっこよかった。フジ・ロックにも出るようだから、楽しみ。なんでもソニーから発掘音源やむかしの映像のDVDなどが出るようで、その担当が、むかしエピックの洋楽でマニック・ストリート・プリーチャーズだのネッズ・アトミック・ダストビンだのオアシスだのを担当していたK君だと聞き驚く。いまは中島美嘉なんかを担当しているK君の一番最初に好きになったバンドが外道なんだそうだ。世の中いろいろですね。


 トリの原爆は、いつも以上にエネルギシュでパワフルなライヴ。ツイン・ギターのアンサンブルもばっちり決まっていて、最高だった。外道との「香り」の共演あり。


 6時半開演予定が遅れて7時前ぐらいに始まって、11時近くまで続いた長丁場。終演後はさすがにどこにも立ち寄らずまっすぐ帰宅。疲れました。