2003年3月7日(金)

 ブリーダーズ@渋谷クアトロ。前座はcomorevi-ButtEr fLy という女性ひとりの謎のユニットと、メルト・バナナ。メルト・バナナは相変わらず元気いっぱい、というか変わらずエッジーで最高。ちょっとリズムの感じが変わったかな? ブリーダーズは10年ぶりぐらいの来日だけど、楽しかった。アーティストと客の間の一種の了解事項を前提とした一種の宴会っていうかパーティー感覚のライヴで、アーティストに気取りというものがまるでないので、構えず素直に楽しめる。それにしてもロックというかポップ・ミュージックには、できるだけ若く、かっこつけることが当然の前提みたいなところがあるけど、彼らにはそんな背伸びした色気は全然なし。もうほんとにただのおっさん、おばさんの集まりで、華やかさはないけど着古した普段着みたいな安心感がある。

 会場はびっくりするぐらい満杯の客だったけど、dipのヤマジカズヒデに偶然会ったのには驚いた。最近のdipは月に1〜2回のペースでライヴをやっていて、東芝時代よりこまめに活動しているようだ。本人の淡々とした風情は相変わらずだが、ほんの少し丸くなって、前向きな姿勢が感じられたかな? なんでも7月に公開されるリトル・モア製作の映画のサントラを手がけたそうで、そのアルバムも出るらしく、CD-Rをもらった。今それを聴きながら書いてるんだけど、いや、ヤマジ健在って感じです。近々ライヴに行くことを約して別れる。

 ライヴ後は"bug 07”へ。夜まで降り続いた雨のせいもあってか動員はいまいちだったけど、いろんな人と話ができて楽しかった。あしもとが悪い中、お越しいただいた方々、ありがとうございました。なお次回は4月4日(金)に、西麻布のブレッツというバーで、"UK NEW WAVE SPECIAL"と題して開催します。ぼくが監修する「DISC GUIDE SERIES UK NEW WAVE」(トップページ参照)発刊を記念してのもので、bug史上初の有料イベント。特別ゲストDJにソフト・バレエの森岡賢さんを迎えてにぎにぎしく開催します。15日には店頭に並ぶ「DISC GUIDE SERIES UK NEW WAVE」持参の方はチャージ割引になります。いまからぜひ予定に入れておいてくださいね。詳細は後報。