2003年3月28日(金)

 「人生いろいろ」を連発してたら「なにかあったんですか?」と聞かれたけど、残念ながらぼく自身のことではありません。いい意味でも悪い意味でも平穏無事な毎日です。ご心配なく(誰もしてねえか)。ぼくではなく、ぼくの周りで、めでたいこともそうでないことも集中して連続してて、なんだか激動してるなってこと。そういう季節なのかな。

 マドンナ新作の試聴会で、青山のワーナーへ。最近洋楽の大物はほとんどすべて試聴会対応だ。新作の中身は、ビョークの近作と共通項も多いけど、聴いた印象はまるで異なる。エレクトロニカ+アコースティックなギターの融合的なアプローチだけど、そういう音が心底好きでやっているというより、割と「手段」「武器」でしかないのがはっきり出てるというか。それは悪口じゃなく、そのぶんすごくしたたかで強い表現となっているということだ。エッジーなサウンドもポップなメロディの自然なミックスで、ビョークにあるようなカルト臭さ、サブカル臭さがない。売れ線と先鋭性のバランスが巧み。いや、やっぱり大したアーティストです。歌詞も素晴らしい。

 終了後、本屋で来週の取材の資料などを探していたら、モーサム・トーンベンダー@クアトロに遅れてしまった。着いたらブラッドサースティ・ブッチャーズをやっていた。田渕ひさ子が加入して初めて見たが、ずいぶん雰囲気変わりましたね。音圧が増したのは当然として、これまでのモノクロームのストイックで緊張度の高い世界が、一転してカラフルになって余裕が出てきた。どっちがいいかは好みの問題と思うが、ひさ子たんのヒソカなファンのぼくとしては、当然いまのほうが好きです。
 モーサムは素晴らしかった去年の暮のリキッドルームの、ショウの構成も含め延長線上にある感じだったが、音響がいまいちだったせいもあって、なんとなくテンション低かった気がする。もちろんじゅうぶんにかっこいいんだけど、今やこの人たちへの要求水準って、かなり高くなってるんで、点も辛くなります。

 終演後は久々に石井恵梨子と深夜までディープな飲み。いやあ、人生いろいろ(笑)。


 ところで多くの人が気づいてないようなので、ここで告知。20世紀ベスト・ロック・アルバムの投票結果が出てます。なかなか興味深い結果になってるんで、ぜひ感想などお寄せください。
 それからトップ・ページのデザイン変更、賛否両論あるんですが、とうぶんこのままでいきます。なお更新状況はWhat's Newの項を参照してください。トップページには更新状況は載せません(デザインの関係)。

 b u g − UK New Wave Special −

4月4日(金)20:00 〜 05:00 @Bullet's(西麻布)
¥2,500 (2drink)

DJ:小野島 大、今村 健一、ritz、24no
Guest DJ:森岡 賢(a.k.a. Soft Ballet)、石川 真一、松山 晋也、佐藤 英輔、久保田 稔人、油納 将志

UK New Wave の曲しかかからないイベントです。
「Disk Guide Series UK New Wave」持参の方はチャージ2000円に割引。
08:00-08:40 ritz
08:40-09:40 佐藤英輔
09:40-10:40 久保田稔人
10:40-11:40 森岡賢(Soft Ballet)
11:40-00:20 今村健一
00:20-01:20 油納将志
01:20-02:20 松山晋也
02:20-03:20 小野島 大
03:20-04:20 石川真一
04:20-05:00 24no
http://home.catv.ne.jp/rr/bug/
*お店は地下で携帯の電波が届きません。