2003年3月15日(土)

 原爆オナニーズ@高円寺20000V。サポートもいっぱい出ていたが、ぼくが見られたのはブラフマンとあぶらだこのみ。といってもあまりの混みように、ブラフマンは暴れている客を横から眺めていただけだった。ブラフマン、ライヴでちゃんと聴いたのは初めてだったけど、タイトな演奏でなかなか悪くなかった。あぶらだこは久しぶりだったけど、相変わらず。ヒロトモ氏、少し年とった感じだったかな。原爆オナニーズも見たのは久しぶりだが、こっちは元気いっぱい。横山健が加入したが、いい意味で全然変わってない。前に見たのはクアトロだったと思うが、場所柄も影響しているのか、今日のほうがはるかに生々しくてエネルギッシュ。客の反応もちがう。5月にはピザ・オブ・デスからライヴとスタジオの2枚組が出るが(これがまた最高)、そのなかでもやっていたマウンテン、外道などのカヴァーには燃えた。タイロウ氏は気取ったところやかっこつけたところがまったくなく、素朴で等身大のただのおっさん。でもそれがいいのだ。「次の曲はサークル・モッシュだよ。まわれー」とか「ダイブしたやつはもっとちゃんと受け止めてやれ」とか、おっさんらしくいろいろ説教をたれるのだが、それが全然うざくないのは人柄というものか。そして音は、ヘヴィ・メタルやハードコアの影響が全然ない、初期パンク・スタイルがそのまま正常進化したようなてらいのない高速ロックンロールで、これまた最高。いや、いつまでも頑張ってほしいものです。

 それにしても20000V。前にきたのがいつだったか思い出せないぐらい久しぶりだったが、変わってないですな。こういうとこくると、ロックはライヴの現場で体感してこその音楽だと思い知らされますね、いまさらながら。ふだんはパンクもハードコアもそれほど熱心に聴いてるわけじゃないが、けっこう燃えるものがありました。原爆は4月にもロフトでライヴがあるが、やっぱこっちで見て正解だった。出演者が多すぎて楽屋が満杯状態で、出番待ちのタイロウさんが入り口の前の通路でじっと待機していたのがおかしかった。