2003年2月7日(金)

 スパルタローカルズ、無戒秀徳、くるり@下北沢シェルター。スパルタローカルズは今年メジャー・デビューが噂される福岡の新人バンドで、今日は彼ら主催のイベント。多数の業界関係者も含め、ぎゅうぎゅうのすごい満員。身動きさえもままならない感じだった。
 くるりは小バコらしく繊細さより荒々しさを前面に出した演奏で、悪くなかった。驚いたのが無戒秀徳こと向井秀徳で、もうひとりのギタリスト/ヴォーカリストと、デュオで(……と思う。混みすぎで、ステージの左半分しか見えず)生ギター弾き語りなのだが、正直な話ナンバー・ガールよりはるかに個性的で、ぼくが見た向井のライヴで、もっとも感銘を受けた。ナンバガは過大評価気味だったと思うが、向井のソロならぼくはいくらでも絶賛は惜しまない。ナンバガ解散は正解だったのではないか。ソロ・アルバムがとても楽しみ。
 そしてメインのスパルタは、激情ぶちまけ型ギター・ロック4人組。最近よくあるタイプといえばそうだが、何曲かでレゲエをやったりするあたりが個性。ときどき白目をむいたりするヴォーカリストも個性的というか、よくも悪しくも印象的だった。でもいろんな意味で、これからのバンドだろう。

 この日見た人たちがどうだと言うわけじゃないが、こうして連日ライヴ三昧してると、自分にとってどの音楽が必要で、そうじゃないのか、だんだんわかってくる。招待されて行くもの、自腹切って行くもの、サンプルもらうもの、金出して買うもの、さまざまだけど、割り切った言い方をすれば、仕事で聴くものか、そうでないか。もちろんここでは実名を書けるはずもないし、誰にも言うつもりもないが、現に何度も取材していてそれなりにいい関係を築いているアーティストのレコードでも、仕事を離れてプライベートの時間になるとまったく全然聴く気がおきないって場合もある。そういう人はぼくにとっては飯の種としては必要だが、それ以上でも以下でもないってことだろう。いっぽうで、全然仕事にはならないけど、自腹切ってライヴ行ったりプライベートでレコードを聴きまくってるアーティストもいる。そういう人たちは、音楽評論家として以前に、ひとりのリスナーとして必要としてるってことだ。もちろんすべてのアーティストがそんなに簡単に分類できるものでもないし、評論家としての自分とリスナーとしての自分は不可分に結びついていて、割り切ることはできないことは確か。だが、その両者が乖離してるという実感は、きっとこの業界にいるなら誰でも大なり小なりあるはずだ。もちろん、そうした「飯の種」的なアーティストや音楽に対してだって、ぼくなりに愛情や愛着はあるし(日本人アーティストの場合、音楽というより人間性で好きになることも多い)、自分なりに全力を注いで仕事しているという自負はある。プロとはそういうものだ。だがそういう乖離はなるべくならないほうがいいし、じつはその悩みは、この業界に入った10数年前から続いている気がする。まーなにをいまさらと言われそうだが、そういうことに敏感になるのって大事だと思うのだ。今後の目標は、その乖離を少しでも埋めるために、いろいろ具体的に動いてみること。ま、あんまり気張らずやってみよう。