2003年2月18日(火)

 オルタナ/ポスト・ロック系の祭典All Tomorrow's Parties(ATP)のサイト。今年はロンドン、LA、NYの3カ所でおこなわれるようだが、そのうちロンドン、LAのラインナップが発表になっている。ロンドンはオウテカがキュレイターで、いかにもそれらしいラインナップ。昨年は直前まで行くつもりで、結局仕事との兼ね合いで断念した。今年はちょっと食指が動かないかな。LAのキュレイターのマット・グローニングという人は「シンプソンズ」の作者。彼が選んだラインナップは、ボアダムス、コーネリアス、バッファロー・ドーター、メルト・バナナ、OOIOOと、日本人が5つも入っている。みんなぼくの好みというか、知り合いばかりというか(笑)。どうやらこの人、日本の音楽には詳しいようである。で、問題はボアダムスがBOREDOMS名義なこと。これは単にV∞REDOMSのまちがいなのか、それとも本当にBOREDOMSとしての出演なのか気になるところである。これにROVOでも加われば、ちょっくら行ってくるかという気になるんだけど。開催は6月。小春日和がつづき、そろそろ夏のイベントのニュースが伝わってくる季節なんですね。早いものです。