2003年12月21日(日)

 真夜中に資料用のレコードや雑誌類を探していたら、突っ張りポールの上に載せておいたサラウンド用のスピーカーがいきなり頭の上に落下。モロに尖った角が頭のてっぺんを直撃したからたまらない。あまりの激痛にしばし七転八倒する。とはいえ小さいスピーカーだから致命的な事故というわけでもなく、すぐ痛みも収まったのでそのまま作業を続けていたら、なんだか髪の毛が濡れていて、頬をツーと水滴が。なにかと思ったら血だった。ひえー。触ってみるとさほど大きな傷ではないものの、その後も出血はとまらず、結局タオルを頭にグルグル巻きにして就寝。さすがに朝起きたら止まっていたけど、頭から血を流すなんて初めての経験なのでさすがにちょっとびびった。散髪してかなり髪が短くなっていたのも傷の深さに多少は関係してるかな。流血プロレスラーって毎日すごい仕事してるんだなと痛感する。おまけに先週後半からの風邪がますます悪化し、どうにも冴えない週末だった。