2003年11月28日(金)

 スーパーカー@渋谷AX。サポートはバッファロー・ドーター。バッファローはある意味で先日のリキッド・ワンマンより良かったかも、と思わせるテンションの高い演奏。スーパーカーはまあ悪くはなかったが、ライヴらしい妙味やダイナミズムはあまり感じられず、曲の良さによりかかったようなパフォーマンスで、やはりバッファローと比べると格の差が出た感じ。もちろんバッファローにないにない良さもあるし、センスや曲の良さは明らかなのだが、この日はちょっと気の毒な感じだった。まあ本人たちも比較されるのは覚悟の上ではあるんだろうけど。小山田圭吾、砂原良徳、片寄明人と、客席のミュージシャン濃度高し。

 終了後、軽く夕食をとったあとエレクトラグライド@幕張メッセ。着いたとたん、とにかくものすごい人の数に圧倒され、たちまち意気阻喪してしまい、まともに踊る気になれず会場で会った石井恵梨子とフード・エリアでビールを飲みながらウダウダ。アンダーワールドもじつはさほど期待していなかったのだが、これが大当たりだった。フジロック時のライヴはふたりになってからは最高と思えたが、今回はそれを軽く上回った。ワンマン、フジロック、エレグラと、ここ1年ほどで都合3回きていることになるが、ロック・コンサート・モードだった全2回に対して、今回はTPOを考えてか、完全なダンス・フロア・モード。さすがにソツがないというか、ツボは押さえているというか。否応なく踊らされてしまった。やっぱりテクノ好きとしては、この人たちは嫌いになれません。しかし2時間ほどのライヴが終わると急激に疲れが襲ってきたので、早々に帰る。