2003年11月27日(木)

 タウン&カントリー@キリスト品川教会グローリア・チャペル。タウン&カントリーは電子楽器を一切使わずPAも通さない完全アコースティック・ライヴ。やはり響きの多いライヴな会場とは相性抜群で、通常のロック・バンド編成のサンガツ(前座)はその点ちょっと損をしていたか。タウン&カントリーの、おそろしくデリケートで精妙なライヴには驚愕。適当にインプロっぽくやっているようでも、頭の中では小節数をきちんと数えていて、始まるタイミングも終わるタイミングも完璧に合っている。雰囲気だけのゆるいライヴも多いこの種の音響系のなかではずばぬけたミュージシャン・シップを感じさせた。素晴らしいライヴだった。