2002年8月9日(金)

 友人と渋谷で飲む。翌日早いのでほどほどにしようと思ったが、いざ飲み始めると止まらないのはいつも通り。

 席上で出たのが「自分の人生を変えた瞬間は?」というもの。ぼくの場合は会社員時代に交通事故(バイクで走行中、ウインカーを出さず、後方確認もせずに左折しようとしたクルマに巻き込まれた)に遭ったことだろうか。入院も含め2ヶ月ほど会社を休んだのだが、人間ヒマになるといろいろ余計なことを考えるもので、オレの人生このままでいいのかとか、アレコレ考え込んでしまい、会社復帰してまもなく退職して、いまの仕事を始めたわけです。新しい部署に移って数ヶ月、という時期で夢中になってやってきたものの、ふとワレに返ってしまった、というところか。サラリーマン生活はそう嫌いでもなかったし、あの事故がなければ(すくなくともあのタイミングで)会社を辞めることはなかったと思う。辞めてなかったら、当然今の仕事をやることはなかったし、こんなサイトをやってることもなかったわけで、その後出会う人たちもまったく変わっていたはずだ。安定した生活は失ったわけだが(一応、名前を言えば誰でも知っている大きな会社だったから)、その代わり会社員をやっていたのでは決して交わることのなかった人たちやさまざまなものごとと出会って、一気に世界が広がったという実感はある。どっちが良かったか、なんて死ぬまでわからないけども。ひとまずここまで、特に大きなトラブルもなく生きながらえているわけだから、そう間違った選択でもなかったということか。

 深夜に友人と別れ、ライター講座受講生出身者有志によるミニコミ「overground」のリリース・パーティーへ向かう。予定より2時間ほど遅れてDJ。思い立って、60年代〜70年代のロックばかりかける。アル・クーパーが人気なので驚く。そんなのより先に知っていても良さそうなものも一杯かけたのになぁ。やっぱ今の若いヤツの知識摂取の仕方って、ちょっと偏ってるんじゃないか?

 4時ごろ帰宅。あしたは7時半起き、のつもりだが……。