2002年7月21日(日)

 赤坂ブリッツでJUDE。浅井健一の新バンドである。なぜシャーベッツをやめて(中断して?)このバンドをやることになったのかよく知らないけど、やはりバンドマンとしてもっと歯ごたえのあるメンバーとやりたいという気持ちもあったのではないか。確かにシャーベッツでは浅井のポテンシャルを受け止めるだけの力量は求められなかったと思う。その点JUDEの演奏は達者で、安定感がある。だが安定しすぎていて、淡々と流れてしまい、いまひとつ食い足りない。むしろシャーベッツの不安定感のほうが浅井本来の狂気をひめたパッションが浮き彫りになっていたかも……などと勝手なことを考えたりして。新曲もやっていたが、いまひとつ魅力を感じない。歌詞も過去のフレーズの使い回しのようなところが耳につく。もちろんアルバムも出していない新バンド、一回ライヴを見ただけで決めつけるわけにはいかないけど。