2002年6月30日(日)

 ブラジル×ドイツ戦。これまですべて自宅で見ていたけど、今回初めてパブリック・ビューというやつを体験。下北沢のバーで見たのだが、ガキばかり多くてうるさいものの、雰囲気はそう悪くない。ドイツ人サポーターらしき人もいたが、大半はノンポリな日本人。どっちが勝とうか負けようが構わないって感じで、みな大騒ぎしている。ぼくもどっちを応援するでもなく見ていたのだが、試合は白熱した好ゲームだった。前半、ブラジルは何度か惜しいチャンスを逃していて、とくにロナウドがキーパーと一対一になる決定的チャンスを二度に渡ってヘタレなシュートでつぶし、そのままドイツが勝っていたら間違いなく戦犯として追及されたろうが、そこで終わらないあたりがさすがスーパースター。決めるべき人がきちんと決められるチームは強いということだ。ドイツは後半の頭に何回かあったチャンスで一点でも入れていたら、展開はまるで変わっていたろう。ドイツのチャンスらしいチャンスはあそこにしかなかったので、いかにも惜しい。ブラジルの守りは意外に堅く、セット・プレーからのドイツの攻撃に、ほとんどシュートすら打たせなかった。逆にブラジルはドリブルなど個人技で強引に突破していく、戦法とも言えないような戦法だったが、これで何度も決定機を作り、結果的には二点差で圧勝したんだから、やはり選手のポテンシャルがずば抜けていたんだろう。試合が終わったあと、ゴールに座り込み呆然としていたオリヴァー・カーンの憔悴しきった表情が印象的だった。

 終了後は同じバーで軽く回す。思いつきでディヴィッド・ボウイばかり45分ほど。

 なお7月5日(金)の「bug 03」のタイム・テーブルが決まりました。

21:00-21:35  24no
21:35-22:30  ritz
22:30-23:25  imamura
23:25-01:00  onojima
01:00-02:35  more rizla
02:35-03:35  24no
03:35-04:15  ritz
04:15-04:55  imamura

 詳細はこちらまで

 では、当日お待ちしてます。