2002年5月4日(土)

 昼間はダラダラと原稿。夜は渋谷の「secobar」というバーで、某業界人の結婚パーティー。お祝い金を銀行でおろそうと思ったら休みで、仕方なく西武百貨店の中のキャッシュコーナーでキャッシング。ものすごい人混みで、連休真っ只中の渋谷なんて来るもんじゃないね。
 パーティーの主役は新郎34歳、新婦26歳だけど、新婦は初々しく、新郎は生気に満ちていて、いいカップルだった。オッサン臭い言い方ですが、先に希望しかない人たちっていうのは気持ちがいいですな。若いってのはええのう(zzz←渋茶を啜る音)。

 6時からのパーティーで、2時間で一旦締めてあとはキャッシュ・オン・デリバリーになる変則的な形式。深い時間からは新郎のDJも予定されていたようだが、そのタイミングで知り合いがみな帰ってしまったので、ぼくも帰宅、原稿。酔いが残っているとやはり効率が悪く、ときおり襲ってくる睡魔と戦いながら深夜に脱稿。地方在住の友人と久々に電話でおしゃべりしたあと、借りてきたビデオなどを見る。昨日近所の家具屋で衝動買いしたソファがはやくも今日には届いていて、ビデオ鑑賞がずいぶんラクになった。この日見たビデオは両方ともハズレ。
 ともあれ、おめでとうございます。末永くお幸せに>××君