2002年5月11日(土)

 赤坂ブリッツで「Weekend Lovers」。ロッソ、ロザリオズなど出演のイベント。
 トップはストロボ。見たのは1年ぶりぐらいだろうか。「未熟なROVO」という印象は変わらず。アクセントやメリハリの付け方に工夫がなく一本調子なのだ。だからトランシーな快楽というよりは眠気を誘われるような単調さが目立ってしまう。まだ若いんだろうし、これからのバンドだろう。
 続いて元ストリート・スライダーズのハリー。生ギターを抱えての弾き語りで、カヴァー、スライダーズの曲や新曲なども織り交ぜての内容。ぼくはスライダーズっていいと思ったことは一回もないし、当然ライヴもまともに見たことは1度としてない。だからはっきりしたことは言えないけど、ステージに登場して「ヨオッ!」と挨拶するところからして、パブリック・イメージ通りで、ああいう古きよき不良ロッカー的なカッコの付け方をする人ってもはやこの人ぐらいしかいないだろうってことはよくわかった。カヴァーはブルース/R&Bばかり3曲だけど、みなストーンズ/ジョン・レノン経由での選曲なのは明らかで、そのへんからも、意外に音楽的な奥行きはないんじゃないかという気もするが、ヴォーカルにはそれなりの味があった。でも女子には大好評で、とにかくカッコ良かったそうな。
 ロザリオズはいつも通りの疾走ぶりで、達也は終始機嫌がよさそうだった。ご本人の性格からか演奏は突っ走るばかりで少し単調さもあるんだけど、ひとまず勢いで押し切る。髪型を変えた武田真治のサックス・プレイが圧巻だった。
 そしてロッソ。こないだ見たリキッドは彼らにとって2回目のライヴだったが、今回はあのときよりはるかにまとまりがよく、パワフルだった。ただそのぶんバンドとしての弱点も目立ったように思う。リズムが少し単調で、気になるのはドラム。これはマサトの技量の問題というより、アスフォートとのスタイルのちがいに力を出し切れていないのではないか。照井は久々に爆発してたし、バンド全体を彼のぶっとい音で引っ張っていた感があるけど、やはりベースが主導権をとるバンドというのは少しバランスが悪いと思う。ブランキーほどの凄みもなく、ミッシェルほど一体となった疾走感もない。チバとしたらやや手詰まり感もある現状を打破するような新しい感触を掴みたいがためにこのバンドを始めたんだろうが、結果として中途半端なものになってるのは否定できない。曲も少し弱い気がしたし。もちろんこれだけのメンバーなんだから悪いバンド・演奏であるはずがないし、メンバーの本気度もよくわかるが、その顔ぶれから抱くイメージを超えるものがないのも確かである。

 終了は11時。帰りは新宿に流れ、歌舞伎町の中華へ。昨日も一昨日も行ってるので、なんと同じ店に3日連続で通ったことになる。もちろんこんなことは初めて。3日続けるとちょっと味の濃さが気になったかな。もちろんうまいんだけど。このお店です。2時ごろ同行者と別れ、流れ流れて淡島通り沿いのバーへ。お開きになってすっかり明るくなった外へ出ると、なんとロザリオズ/照井のマネージャーF氏に遭遇して激しく驚く。東京って狭いね。