2002年3月22日(金)

 麻布の写真スタジオで、ポリシックスの取材。新作ミニ・アルバム『LO-BITS』について。相変わらずニコニコと楽しそうなメンバーに、こちらもニコリ。スティックスの「ミスターロボット」をモチーフにした曲をはじめ、彼ららしいおもちゃ感覚のサウンドがたっぷり聴けるが、個人的にはもう少し新しい風景を見せてくれても、と思った。

 京橋の映画美学校で、『青い春』。松本大洋の原作を『ポルノスター』『アンチェイン』の豊田利晃が脚本・監督、松田龍平が主演した映画で、これはなかなかの傑作だった。男子高を舞台にした作品だが、思春期の男だけの集団が醸し出す、粗暴で暑苦しい匂いがよく感じられて、都内の三流男子高の出身であるぼくなど、とても懐かしい思いがした。リアルで痛い青春映画。ミッシェルガン・エレファントの曲が印象的に使われる。初夏からシネマライズでロードショー。採点=8。

 新宿に出て、久しぶりに中村屋のチキンカレーなどを食べ、リキッドルームで『EXSPECTO SONITUS POSTERUS 3A 〜フル・ライブ/心身の健康促進〜』。MARY JOY主催のイベントで、もちろん目当てはさきごろ傑作『400 LP』を発表したSHING02。ライヴを見たのはフジロック以来だが、文化系的な繊細さと知的なたたずまいは変わらず。そのぶんフィジカルな押しは弱いが、これは仕方ない。このあとオールナイトのイベントが控えていることもあり、わりあいあっさり終わってしまったのは残念。