2002年3月15日(金)

 昨日と同じく渋谷AXで、ステレオラブ。少し遅れて着いたら前座のスピードメイターがやっていた。日本人エレクトロニカで、レコードでのアンビエント色濃いサウンドに比して意外にフロア向けの展開。だがパワーブックを眺めながらツマミをいじるだけ、リズムに合わせて体を動かすこともしない、パフォーマンスとも言えないアーティストの様子は、ライヴらしい躍動感や生々しさが皆無。まぁそんなもんだと言えばそうなんだけど……。

 そしてステレオラブ。これが……全然物足りなかった。昨日のレンチの気迫満点のエネルギッシュなライヴを思うと――まぁ比較するのもおかしいのだが――なんだかこじんまりしすぎ。百戦練磨のプロと未熟なアマチュア、極限まで鍛え上げられたトップ・アスリートとひ弱な文学青年崩れ、ぐらいの落差があった。もちろんそうした一種の学生バンドっぽい素朴さが魅力なのはぼくだってよくわかってるが、それがなんともちんまりとしたスケールの小ささに感じられ、とても退屈だった。彼らのライヴは何度も見てるけど、こんな気持ちになったのは初めてだ。レンチと見る順番が逆だったら良かったかな。でも途中で帰る関係者が続出してたから、やっぱりいまひとつ緊張感に欠けるライヴだったのだろう。

 帰りはワイン抱えて大学時代の友人宅へ。翌日昼近くまで話し込む。

 ああ、ついうっかり当日告知になってしまった。3月16日(土)大三茶皿回し隊@DUNE。チャージ300円。私の出番は12時半ぐらい。場所はこちらを参照。