2002年3月14日(木)

 渋谷AXでレンチ。新作『サーキュレイション』にともなうツアーの最終日だが、これがもう、とんでもなくすごいライヴだった。レンチ自身にとってこれまでのベストというだけでなく、長いミュージシャン人生で、おそらくは1回あるかないかという、ほとんど奇跡的と言っていい出来だったと思う。もちろんここ数年に見たラウド/ハードコア系ライヴでは内外問わず文句なくベスト。いやほんと、終始体の震えが止まらなかった。とにかくミュージシャンの気合いの入り方、テンションがハンパじゃなかったのだ。音もいいし、演奏は最高。もはや彼らはハードコアとトランスの融合、などというちんけな括りでは測りきれないスケールをはらみつつあるようだ。いや、ほんと素晴らしい。

 つうことで、意外な健闘だったピースピル(浅野忠信のバンド)、意外にアゲアゲのトランスだったジュウジュウカ(今井智子さんによれば、初期ソフト・バレエ似)が完全にかすんでしまった。まぁ仕方ないね。

 あまりの気分の良さに興奮さめやらぬ今井さん、石井恵梨子と、今井さんの行きつけの飲み屋になだれこみ、別のライヴから流れてきたちわきまゆみさん、惑星のメンバーなどと合流、朝までガブ飲み。あー楽しかった。