2002年2月5日(火)

 映画美学校試写室で『害虫』。『月光の囁き』(喜国雅彦原作)『どこまでもいこう』の塩田明彦の最新作。オトナとコドモの端境期にある女子中学生の心の葛藤と空洞を描く作品で、主演は『ユリイカ』の宮崎あおい。たまの石川浩司も出演。演出も演技も個性的だし、必要最低限の情報でテーマを浮き彫りにしていく手腕も巧みだが、どこかクールに突き放されたようで、ぼくはどうも最後まで作品に入り込めなかった。もっと若い人か、あるいは女性であれば、ちがう感想を持つかもしれない。採点はぼく個人と作品の距離感をあらわすものと思ってください。採点=5。3月16日からユーロスペースにて公開。