2002年2月10日(日)

 渋谷オン・エア・イーストで「“+R”」イベント。G.I.S.M.(BEAST ARTS)主催の「同時多発イベント」で、1年前に急逝したランディ内田の追悼イベントでもあり、またG.I.S.M.永久凍結イベントでもある。出演はヘル・チャイルド、BAKI&TATSU、ラフィン・ノーズ、トラッシュ、オートモッド、GAUZE、そしてG.I.S.M.。とにかくいろんな意味ですごいイベントだった。スキンヘッドに顔半分だけ白塗りにしたBAKI、カッコよすぎ。ドラムはPAZZだったようで、エクスキュートやガスタンクの曲も。「ジェロニモ」は燃えた。ラフィンもヘルチャイルドも健闘。オートモッドは頑張っていたけど客席の反応が悪く、気の毒だった。ガーゼは最高。一貫して現役であり続けた者だけが持つ迫力と凄みに完全KOされた。そしてG.I.S.M.。さまざまな映像や音をコラージュしたビデオのイントロ(めちゃかっこいい。宇川直宏の編集か?)からもう鳥肌立ち放しだった。それにしても最後に横山SAKEVIが客席に向かって「最後だからよ」と挨拶して「ありがとう」とまで言ったのは驚いた。ライヴはとくに混乱もなく、横山氏も客席に降りることなく、つつがなく終了。むかしのような緊張感漲る、何が起こるかわからないスリルというよりは、アットホームな雰囲気さえ漂っていたのは、やはりこれが最後だからか。JOJO広重さんとか西村茂樹とかG-シュミットのSYOKOとか、ふだんのライヴでは絶対見ないような人に会ったのも面白かった。そのあと新宿アンチノックでオールナイトをやったらしいが、そっちはさすがに行ってない。いや、ほんと歴史的なイベントに立ち会ったという感じだ。面白かったし、楽しかった。終わったあと数人で飲みに行ったが、誰もが興奮気味だった。行かなかった人、後悔してください。