2002年11月8日(金)

 青山のソニー・アーティスツで七尾旅人の取材。飲みの席などで軽く挨拶したことはあるが、これまた正式に取材するのは初めてだった。先日のライヴの話から始まって、ここ最近の心境の変化や今後の方向性について。びっくりするほどよく喋る子で、とめどもなく言葉が溢れてくる感じ。語彙も豊富だし表現力も豊か、話がどんどん広がっていくし飛躍もあるけど、きちんと筋道は通っているあたり、頭の良さと感受性の豊かさを感じさせる。やはり並の才能じゃないですね。先日の勝井祐二同様、2時間をはるかに超える長時間の会話になった。石野卓球との交友など、興味深い話もたくさん。石野にはかなり可愛がられてるみたい。「お前、音楽で何を表現したいの? 俺は"自分”だよ! 自分が大好きなんだよ! アーティストなんて自分が一番好きで自分のことしか考えてないんだから、友だちなんかできるはずないじゃん、俺もそうだよ!」と石野に言われたそうだ。これ、アーティストって人種の本質をあらわしてると思う。これぐらい自我と自己愛が強くなきゃ、アーティストなんてつとまりませんよね。ちなみに来年発売予定の石野新作には七尾、岡村靖幸という2大異能が参加しているらしい。