2001年8月26日(日)

 引き続き轟音大会。この日は昼1時前ぐらいから、たっぷり8時間。モービッド・エンジェルに始まりスキンレス、ソイレント・グリーンと続くデス系ブラストビート大会が良かった。久々に見たバイオハザードのオールド・スクールなステージさばきも可。パンテラがいまいちだったのは残念だった。それにしても女子率が異様に低いイベントだったな。

 クタクタに疲れ切った体を引きずって、新宿リキッドルームへ、スーパーカー主催のイベント『High Booster 2001』。オールナイトなのになぜか日曜日におこなわれるイベントで、当然ながら客層は異様に若い。最近のトランス入ったスーパーカーの動向は、傑作『Futurama』など近作の充実で注目していたのだが、なかなかライヴを見る機会がなかったのだ(フジも見逃したし)。会場に着いたときには体調ボロボロでとても最後までいられないと思ったのだが、ズボンズ(マッタの体調が悪いということで、マッタ、アツシ抜きの4人編成でストーンズのカヴァー大会をやる。ソウル・ミュージックのレビューを見るようで面白かった)、AOA(最高)と見てアルコールを注入するうち体調も戻り(麻痺しただけ?)、午前4時のスーパーカー登場時まで意外に楽しく過ごすことができたのである。
 しかしそのスーパーカーのパフォーマンスは予想をはるかに超えて強力だった。はっきり言って今までこの人たちのライヴはロクなものに出会ってなかったが、参りましたね。完全に脱帽です。日本のバンドでこれほど刺激的なライヴを見たのは、もしかしたら昨年のフジ・ロックのROVO以来かもしれない。関係者の話によれば、この日は自分たち主催のイベントで、いわば身内の客ばかりを相手にしていたから、なおさらリラックスして自分たちの良さを出せたんじゃないかという話。そういえばぼくが過去に見たロクでもないライヴって、全部イベントでのゲスト出演だった。でも身内の理解者相手でしか真価を発揮できないって、プロとしてマズイんじゃないのとも思うが、フジのライヴもかなり評判良かったし、次第に彼らも変わりつつあるのだろう。会場で紹介された中村弘二は、これまで割と批判的なことを書くことが多かったぼくを知ってか知らずか、実に言葉すくなだったけれども。
 次のアルバムは、まだここでは書けない某大物ミュージシャンがプロデュースするそうで、かなり期待値高いよ。

 夏のイベントも残すところ、9月8日のWIRE01だけ。季節が移ろうのは早いもの。