2001年5月19日(土)

 ニュー・アルバム『Blowback』(6月27日発売)のプロモーションのため来日したトリッキーに取材。渋谷の某ホテルにて。音楽の印象から、めちゃ陰気だったりちょー機嫌悪かったらヤだなぁ、と思いながら臨んだが、ひょうひょうとした雰囲気の気さくな人で、突っ込んだ質問もいやがらずよく喋ってくれた。新作はレッチリのメンバーやアラニス・モリセット、シンディ・ローパーなどが参加、ニルヴァーナのカヴァーをやったりスクイーズやユーリズミクスのサンプリングをやったりと、ロック色を強めた、これまでになく開放的な雰囲気を感じさせるものになっている。発売はハリウッド・レコード(フィッシュボーンの新作など。日本盤はエイベックスから)。記事は次号のミュージックマガジンで読めます。取材終了後のトリッキー氏は、行きつけの彫り師に墨を入れてもらったらしい。