2001年3月31日(土)

 先週のパ・リーグに続いてセ・リーグも開幕。我が阪神は宿敵読売を開幕戦で撃破!(昨日のゲームですか? あれはオープン戦だったのです)。ダメ虎の象徴だった今岡の大活躍もさることながら、打った瞬間にホームランとわかったクルーズの当たりには震えたね。打たれた瞬間、がっくりと肩を落としたメイの様子が痛快だった。沖原の堅実な打撃と守備、赤星のバンド安打、ペレスのガッツ溢れるプレイもすばらしい。読売の投手陣が、阪神の足を気にして投球が不安定になっていたのも狙い通り。先発が不安定で、遠山、葛西、伊藤の中継ぎ陣には今年も負担をかけそうなのが気になるが、まぁ勝ったからいいや。……いかん、まるで仕事が手につかん。

 多忙につき日記更新が中断してましたが、21日分から今日まで、まとめてアップしました。ご笑覧ください。