2001年2月3日(土)

 渋谷クラブ・クアトロでシー・アンド・ケイク。予想通り演奏も歌も全然うまくない、というかヘタ(笑)。そばで見ていた宮子和眞くんは「厚生年金会館のニュー・オーダーを思い出した」などと言っていた。まーそこまひどくはないものの、満員の会場に詰めかけたいかにもスノッブな客たちを引かせるには十分な演奏ぶり。といっても結構ウケていたけど、特にヴォーカルは風邪でもひいていたのか全然声が出ていない。まー生演奏でどうのという人たちでないことは最初からわかっていたことだが、それでもなんとなくのほほんとした温かい雰囲気は悪くなく、後味はいいライヴだった。長尺のサイケデリックな展開を見せる曲が聞き応えあり。

 終了後は宮子くん、油納将志くん、コロムビアの網師本さんという、世にも珍しいメンツで飲み。席上でカエターノ・ヴェローゾの声がエドウィン・コリンズに似ている(笑)ことを指摘し、「だから宮子くんはカエターノが好きなんだろ!」と決め付けると大ウケだった。いや、冗談抜きで、新作で、よく似た声の曲があるんですよね。翌日にシー・アンド・ケイクの取材があるという油納くん、仕事が残っているという宮子くんが先に帰り、網師本さんとサシで飲むという思いもよらぬ展開に(笑)。貝のように口の重い網師本さんと、プライベートな話題などはさみつつどっぷりと(笑)。いや、人生いろいろです。