2001年12月11日(火)

 ここ2〜3日の冷え込みがたたってか、風邪気味。いまめちゃくちゃタイトなスケジュールで動いているので、ここで倒れるわけにはいかない。こういうときは外出を避け寝ているのが一番だが、そうもいかず、薬を飲んで出かける。それでも予定の試写を1本飛ばしちゃったけど……。

 有楽町の東宝試写室で『恋ごころ』(7)。『美しき諍い女』で知られるジャック・リヴェット監督作品。6人の男女を巡る大人のラヴ・コメディで、これまたいかにもフランス映画らしい洒脱なセンスを感じさせる。登場人物のキャラがそれぞれ新鮮で生き生きしているし、劇中劇をうまく活かした演出も巧み。劇中では(確か)一切音楽が使われないが、最後のスタッフ・ロールになって初めてペギー・リーの歌が流れるあたりのアクセントの付け方も心憎い。ウエル・メイドな佳作。来年1月下旬、日比谷シャンテ・シネにて公開。

 会場では中原昌也さんと会う。元暴力温泉芸者、現三島賞作家の中原氏である。昨日も『夜風の匂い』の試写で会ったのでこれで2日連続。昨日試写のあと軽くお茶したのだが、相変わらずの愚痴とボヤキのオンパレード。面白い男である。なお細野晴臣のデイジー・レーベルと契約したそうなので、来年にはミュージシャン中原の新作が聴けるかも。