2001年11月8日(木)

 渋谷クアトロでシカゴ・アンダーグラウンド・クアルテット+トータス。会場は立錐の余地もないほどの超満員で、今日を含め東京公演だけで4日間というのも人気を物語る。でもただ流行に乗せられて来たような奴も目立ったりして。CUQはスノッブなジャズだが、コルネットが入った変拍子の演奏などは『アイランズ』のころのキング・クリムズンを一瞬思い起こしたりした。トータスはいい演奏だったと思うが、ちょっと彼ら流の刺激に慣れてしまった感も。トータスがポスト・ロックならゴッドスピード・ユー・ブラック・エンペラーはロックの極北。いまのぼくはゴッドスピードのほうが好きだな。