2001年11月6日(火)

 渋谷オン・エア・イーストでドロップ・キック・マーフィーズ。8時半に人と待ち合わせていたので、アンコール前ぐらいまでは見られるだろうと思っていたのだが、会場に着いたら前座ありと聞かされ大ショック。しかもコブラだと。別に嫌いなバンドじゃないけど、これまで何度も見てる連中だしなぁ。そのコブラはまぁいつも通り。8時10分ぐらいに登場したドロップ・キックはもう最高。とにかく客のエネルギーと盛り上がりのヴォルテージがすごい。先日のリップ・スライムが女の子パワーのすごさなら、ドロップ・キックは野郎パワーのすごさを痛感。もちろん演奏もそれに見合ってパワフルでエネルギッシュ。フジロック前夜祭でのライヴも最高だったしね。一瞬、約束をドタキャンしようかと思ったほど。結局20分だけ見て会場をあとにしたが、あの調子で最後まで行っていたら、たぶん今年のベスト・ライヴになったかも。なんでも最後は客をステージ一杯にあげ、全員肩組んで大合唱だったそうだ。うーーーーん、くやしい。