2001年11月25日(日)

 ジャパンカップ。前日のジャパンカップダートでは3歳馬クロフネが、5歳馬で、去年の覇者ウイングアローに圧勝したが、この日は同じ3歳のジャングルポケットが、やはり昨年の覇者テイエムオペラオーを競り落とし、優勝。まさに覇者交代の儀式だった。世代交代の時期ってことか。身に積まされるなぁ……てなことはともかく、見応えのある、いいレースだった。

 これまでジャパンカップって苦手で、当たったことなかったんだけど、今年は珍しく的中。しかも単勝も馬連も一点的中だから、少しは自慢できるかな。しかしそれまでのレースで軍資金を減らしていたので、予定したよりずっと少ない儲けなのだった。