2001年11月20日(火)

いよいよ迫る! お待ちしてます! ↓

 
date:11月23日(金/祝)22:00〜29:00
place:西麻布BUL・LET'S
fee:2500yen with 2drink
DJs:24no / 小林英樹 (WARSZAWA) / 小野島大
VJ:nishide & ena (urinbo*)
One Night Shop:新世界スーパーマーケット
ネットフライヤーはこれ mapはこれ タイムスケジュールはこちら

 銀座の東映試写室で、『DEAD OR ALIVE FINAL』(7)。三池崇史監督、哀川翔、竹内力主演のシリーズものの第三弾。シリーズものといっても前2作の筋とは直接関係なく、今回はオール香港ロケによる未来SFアクションもの。24世紀の日本を舞台にしている。哀川は反政府ゲリラに協力する戦闘用レプリカント、竹内がそれを追いつめる刑事という役回りである。多くを香港側スタッフが固め、かの『マトリックス』のようなワイヤー/カンフー・アクションを、三池流の歯切れのいい演出で見せる。昨日の日記で書き忘れたのだけど、『GO』はかの鈴木清順『けんかえれじい』へのオマージュのようにも見えた。『DEAD OR ALIVE FINAL』は、明らかに『ブレードランナー』を意識しているのだが、リドリー・スコットに対していかにも安っぽい。だがそのB級風味こそがこのシリーズの面白さ、すなわち何をやっても、どんなエンディングになっても納得してしまう自由闊達さに結びついているのだろう。第一作同様、今回も「オイオイ」と突っ込みを入れたくなるエンディングが用意されている。試写室はその瞬間、脱力度百%の溜息とクスクス笑いが充満してました。来年正月第2弾として、渋谷シネ・アミューズにてレイトショー公開。