2000年9月16日(土)

 3日間の休みのツケで、たまっていた仕事を粛々とこなす。疲れはまだとれない。トシを痛感するなぁ。

 問題の村八分の未発表ライヴ(72年11月慶応三田祭)、レビューのため一足はやく聴きました。さすがに音質はブート並だったが、妙にこぎれいに録られた『ライブ村八分』に較べると、かえって異様な迫力があって彼らのカリスマ性を感じた。なんでもNHKなど放送では村八分はバンド名でひっかかって放送できないそうで、こりゃみんなして買ってチャートに入れるしかないですな。