2000年9月12日(火)

 前日のような大降りでこそないものの、雨のそぼ降る中、犬とともに信州旅行に出発。なんでこんなときに旅行しなきゃいかんのかと思うが、休みも宿の予約もだいぶ前から決めてあったので仕方ない。関越をひた走り、軽井沢で途中下車、単身赴任中のナオちゃんに会う。驚かせてやろうと突然彼女の職場に訪ねていったら、休みだったが、携帯に電話したら家にいたので、さっそく近くで会うことに。せっかくの休みだったのにごめんね。元気そうでなによりだった。

alice  相変わらず雨が続く中、一路宿まで急ぐ。関越が土砂崩れで不通になってしまい、一般道を通ったためやたら時間がかかる。まったく土地勘のない、しかも日が落ちて真っ暗な道を走るのは不安があったが、カーナビのおかげですんなりと(でも8時半ぐらいだったが)着く。宿は菅平高原近く、峰の原スキー場のここ。なんと少女趣味なとお思いかもしれませんが、ペットが泊まれる宿なんてほとんどみんなこんなものです。遅い夕食をとり、宿のご主人としばし歓談。さすがにこんなときに旅行する酔狂な者は少ないらしく、われわれのほかは一組しか宿泊客がいないらしい。開業して20年ということで、建物や部屋は古いが、犬連れへの配慮はさすがに万全だ。宿のアイリッシュ・セッター、アリスちゃんともご対面。ワイン1本あけて就寝。