2000年8月31日(木)

 このクソ忙しい締め切り地獄の中、ミュージックマガジン副編集長・野間さんの送別会。高円寺のマーブルトロンという店で。野間さんの音楽人生を振り返るDJタイムや、公開インタビュー(インタビュアーはオレ)など盛りだくさん。7時から11時までの長丁場で、終わったらさっさと帰ろうと思っていたのに、結局朝までつきあってしまった。数年前にやった同誌の加藤さんの送別会のときはぼくが幹事をやったんだけど、そのときと出席者がほとんど(3〜4人しか)重ならなかったのは、なかなか興味深かった。ご両人ともぼくにとっては大事な編集者だったので、残念である。ま、ぼくと親しくしてる編集者はこれまで百%近い確率で辞めてますね。つまり、編集者たるもの、つきあう人間は慎重に選べということです(笑)。覚えのある人は覚悟しとくように(笑)。ちなみに野間さんの次の職場は、『コンポジット』誌だそうだ。