2000年7月5日(水)

 粛々と仕事をこなす。いったんライター講座にむかい、講義の前に池袋のさくらやでパソコン関係のコード類など購入。今日の講義は「インタビューの実際」である。終了後は即帰宅、ひらすら原稿。ランシドの新作『ランシドV』を繰り返し聴く。ディスチャージやGBHタイプのオールド・スクールなハードコアで、ちょっと前だったらだめだったかもしれないが、なぜだか今はとっても快感。レンチ効果かしら。全然音ちがうけど。

 阪神快勝! しかし最高だったのが読売だ。特にマッチポンプ槇原!満を持して出てきていきなり連打を浴びて、お膳立てが整ったところで、絵に描いたようなワイルドピッチで同点! 挙げ句はピンチを残したまま勝手に故障降板! 準備なしにマウンドにあがった三沢は当然のようにサヨナラ打を被弾! いやぁさすが槇原、読売の大魔神。君がいる限りセ・リーグはまだまだおもしろくなりそうだよ。車椅子で球場を去る姿には哀愁がいっぱい漂っていたよ。ああ楽しい。

   ライター講座の暑気払い宴会が、来週土曜日にあります。新旧受講生の方、またそれ以外でも「ぜひ参加したい」という人は、小野島あてメールを。