2000年6月22日(木)

 今週末ははやくも総選挙である。小渕の急死に端を発し、森の「神の国」発言で一気に燃え上がった反自民的・倒閣の雰囲気も、梶山、皇太后、竹下の相次ぐ死亡、南北朝鮮首脳会談などの事件で、すっかり沈静化してしまった。朝鮮問題はともかくとして、総選挙直前のこの時期に、ここまで政府〜自民党関係の要人の死亡報道が続くのは、単なる偶然とも思えないんだよなぁ。小渕や竹下ははるか以前にもうとっくに死亡していて、発表のタイミングを見計らっていただけだという説は根強い。世の中すっかり追悼ムードで、自民党が負けそうな雰囲気は全然ない。森からは投票率が上がらないことを期待するような発言も出て、なんだかこのまま自公保が圧勝しそうだ。せめてこのサイトを訪問してくださっている方だけでも、今週末は投票に足を運ぶよう、呼びかけておきます。落選運動の最終候補はこちら