2000年5月19日(金) 

 板橋区のストロボ(レコーディング・エンジニア、ZAKのプライベート・スタジオ)でMariMari rhythmkiller machinegunの取材。97年にフィッシュマンズの佐藤伸治や柏原譲のプロデュースでソロ・アルバムを出したMariMariと、フィッシュマンズの茂木欣一のバンドで、6月28日に出るデビュー・シングルはストロベリー・スイッチブレイドのカヴァーや、MariMariと佐藤伸治のコラボレーションによる未発表曲なども含む3曲入り。9月にもう1枚シングル、10月にアルバムの予定である。
 茂木は相変わらず友好的で朗らかによく喋る。初対面だったMariMariは、ちょっとカヒミ・カリィに似た感じのスリムな女性で、独特な雰囲気を持った人。佐藤伸治というかけがえのないパートナーを失い、1年という歳月を経て再出発の途についたふたりを、精一杯応援したいところだ。シングル「TTAGGG」はちょっとポーティスヘッドを思わせる憂いを含んだ曲。
 取材中にバッファロー・ドーターの大野由美子が顔を出し、なにかと思ったが、よくよく考えてみれば大野さんはZAKの奥さんなので、いて不思議ないというか、いて当然なのだった。
 ちなみにフィッシュマンズの公式HPに7月発売と告知されていた未発表ライヴ・ヴィデオは秋ぐらいに発売が伸びるとのこと。

 阪神、ついに6連敗。序盤に4点もらっていながら守りきれない中込、緩慢なプレイで好投・吉田豊の足を引っ張った今岡と広沢を死刑に。