2000年12月19日(火)

 第4弾。赤坂ブリッツでポリシックス。なんと全31曲、2時間というメニュー。事前にそれを聞かされたときには、あのテンションで2時間かよと、いささかげんなりしていたのだが、いざ始まってみればあの手この手の仕掛けがたっぷり、最後まで飽きずに大いに楽しめました。ただ演奏するだけでなくあれこれアトラクションがあるのだが、そのすべてに意味などまるでないところが素晴らしい。衣装替えも3回。セット・チェンジは2回。もちろん演奏はいつも以上にヴォルテージが高く、本編の最後の方はギターウルフみたいな状況になっていて、ヘロヘロになったハヤシ君のヴォーカルなどただ声を振り絞ってわめいているだけで、全然歌になってない。ジャンプしようとして転ぶわ、足はもつれるわで、こりゃアンコールつとまるのかいなと思っていたら、さすがに22歳、あっいう間に回復して飛び回っていたのは感心しました。若いって素晴らしい(笑)。