2000年10月8日(日)

 夜まで原稿、そのあとはテレビ見たり、ビデオ見たり、いろいろ。買いっぱなしで全然見てないDVDや、録りっぱなしで見てない映画ビデオが山のようにたまってるが、なかなか手をつけるヒマがない。1週間ぐらい休んで、ビデオ三昧の日々を過ごそうかとも思うが、無理だろうなぁ。

 久しぶりの競馬の話題。我が愛馬、ロードキーロフとロードプラチナムが出走。キーロフは東京最終レースの5百万下で4着。前走はやはり5百万下で1着、同条件で出走ということで今回も大期待だったのだが、直線入り口で前が詰まったようで、最後よく追い上げたものの完敗。ま、次はなんとかしてくれるだろう。
 プラチナムはG2京都大賞典に出走。G1実績馬がずらりと揃う中、専門誌の印もそこそこついて8番人気。レースは最内の経済コースを通り、直線入り口もうまい具合にあいて、一瞬テイエムオペラオー、ナリタトップロードに次いで3着ぐらいあるかというぐらいの伸びだったが、結局前のスエヒロコマンダーをとらえきれず、後ろから来たロサードにも差され、掲示板確保がやっと。上位2頭とは現時点での力の差だろうが、スエヒロ、ロサードとは夏場順調に使われてきた差だろう。休み明け初戦としては、この強敵相手によく健闘したと思う。次はアルゼンチン共和国杯だそうだが、ハンデ次第では勝ち負けだろう。いよいよ重賞制覇、うまくいけば年末は有馬記念だ。
 それにしても先週からはやくもG1シリーズが始まっているのだが、なんだか全然気分が盛り上がらないねぇ。年末、有馬記念の前にやってたスプリンターズ・ステークスが10月第一週の開催と言われても、まったくピンとこない。売り上げ激減だというが、当然だろう。来週は秋華賞。でも、なんだか気乗り薄です。馬券は天皇賞からかな。

 F1はシューマッハが勝ったみたいだが、先にネットで結果を知ってしまったので、結局テレビ中継(録画)は見る気がせず。同じ局で同時間に競馬やってるから仕方ないんだけど、せっかくの日本GPが録画というのももったいないと思う。WOWOWかNHK−BSあたりに中継権を譲渡したらどうか。