2000年10月29日(日)

 高円寺のサロン・マーブルトロンで『ミュージックマガジン・ナイト』。ブラスバンドのDJやライヴがあったようだが遅刻、10時からの公開座談会だけ参加。お相手は高橋修編集長、ライターの中山義雄さん。『アメリカン・ゴシック』の原稿などが印象的だった初対面の中山さんはかなり不思議なノリの人で、話しぶりもおもしろく、会場中の笑いをとっていた。事前の打ち合わせまったくなしのぶっつけ本番トーク、はたして楽しんでいただけたかどうか。