4日(土)

 二日酔い気味のなか、終日原稿。ディアンジェロの新譜のダイジェスト・テープを繰り返し聴く。前作ほど構築された、抑制した内向的な感じはなく、開かれたグルーヴと自然体の自由さを思わせる。ローリン・ヒルやメソッド・マン、レッドマン、DJプレミアなんかも参加している。発売は1月以降。

 CDジャーナルのアンケートで、90年代のベスト映像作品を選ぶという企画があり、キネ旬のバックナンバーなんかをめくりながら候補作をあげていくが、途中で収拾がつかなくなったので、エイヤとばかりに適当に決めてしまった。どうせ後悔するに決まってるが、仕方ない。こういうアンケート、すっごく楽しいんだけど1本だけっていうのは無茶だなぁ。