16日(木)

 ZEPP東京でコーネリアスと電気グルーヴの対バン。「スペースシャワーのイベントで、生中継されたらしい。クルマで向かおうと思ったら道に迷ってしまい、着いたころにはコーネリアスは半分ぐらい終わっていた。

 半分だけしか見てないから断言はしないが、こないだのゆらゆら帝国との共演、さらに遡ると昨年末のガーデン・ホールのライヴから、基本的にはあまり変わっていない。音楽的にはギター・リフでぐいぐい押しまくり、要所にエレクトロニクス・ノイズを配する、完全ロック・バンド仕様。インスト主体なのにとにかくポップで親しみやすいのがこの人たちらしいところ。演奏は見るたびにシャープに、ソリッドになっていてかっこいいのだが、そろそろ新しい展開が欲しいところ。でも新作は来年9月ぐらいになるみたい。う〜〜〜ん、待たせすぎだよ小山田君。

 幕間に弦楽四重奏団をバックに女性6人がモダン・バレエ(?)を踊るというしゃらくさい演出。続いて登場した電気グルーヴは予想通り、新作アルバムで打ち出した方向性を踏襲したものだった。テレビ中継サイズにあわせるためか喋りがほとんどなかったことを除けば、『カラテカ』以前、つまりシリアス路線にいく前の<色物>ライヴをやっていたころの電気を彷彿とさせるバカ路線そのもの。瀧はいつもあんなものだけど、卓球があんなにステージの前に積極的に出てきて歌いまくったなんて、何年ぶりだろう。とにかく元気でテンションが高い。どうやら卓球はかなりの繰状態に突入してるみたい。夏の「WIRE」での、なんとも煮え切らないライヴに比べれば大違いだった。終演後、顔を合わせたレコード会社の担当・中山氏と「やっと帰ってきましたねぇ」と笑いながら話す。そう、デビュー前から彼らの活動を知る者にとっては、今日の彼らこそが本来の電気グルーヴであって、ここ数年のシリアス路線からの回帰は、家出していた道楽息子が帰ってきたようなものなのだ。問題は卓球のテンションがいつまで続くかだが、なんとかツアーの終わりぐらいまでもって欲しいものである。

 終演後の打ち上げで小山田、瀧、石野らとすこし話をするが、石野も小山田もこのページを見てくれているそうで、ありがたいことです。レコード会社の人が読んでいるらしいことはわかるけど、なんとなくミュージシャンがここチェックしてるっていう想像がなぜかできなくて、授業中に早弁したのを見つかったような、ヘンな心持ちであった。とくに石野には真顔で「(日記で)アルバムのこと書いてくれて、ありがとう」と感謝されてしまい、かえって恐縮してしまった。そんな、石野君、ただ書きたいと思ったことを書いてるだけなんだから、そんな気を遣ってくれなくていいんだよ。久々に会ったネオアコ番長・小山田は相変わらずイイ奴。今度掲示板にでも名前を残してってね。

 ところでミュージックマガジンの邦楽・洋楽特集でもインタヴューしたピエロのキリト君だが、『uv』誌で連載を持っていて、ここのとこ例の富士急ハイランド暴言事件の顛末を事細かに書いているのだが、いま出てるNO.55では、なんとそのミュージックマガジンのインタヴューの模様を、これまた事細かに報告しているのである。この記事を見た人がメールをくれたのだが、それによると、ぼくとキリト君は性格が似ているのでは、ということだった。つまり「お互いともイヤなヤツなのではないかと思い、臨戦準備万端で望んだのに、お互いネコかぶってイイヤツだという印象に終わってしまったと…。お互い肩すかしを食らったとでも言いましょうか。……なんか2人とも性格が似ているなぁと思ったのですが」ということ。う〜〜〜ん、そうなのかも。よければ立ち読みでもしてやってください。93ページです。

<お知らせ>

 12月27日(月)のオフ会兼忘年会、引き続き参加希望者受付中です。いまから予定が確定できる方は、今週末までにぼくあてメールか、BBS1へ書き込みをお願いします。非業界人大歓迎! 今週末までで人数を一旦集計し、店に予約を入れます。そのうえで店の場所などは改めてアップします。一応渋谷で7時ごろからの予定。