14日(火)

 日本武道館で東京スカパラダイス・オーケストラ。ファンタスティック・プラスティック・マシーンとの対バンで、スカパラとファンタスティック・プラスティック・マシーンの田中知之とサワサキヨシヒロの新ユニット、スピード・キングのお披露目も兼ねている。三者ともムズカシイ理屈は抜き、とにかく楽しめればOK、と言わんばかりのアッパーで享楽的なダンス・チューンの連続技。スピード・キングはどんな音になるかちょっと興味があったんだけど、それほど新鮮な驚きはなく、予測の範囲内。まぁ言ってみればビッグ・ビートのヴァリエーションなんだけど、やる側も見る側も屈託なく、オプティミスティックで、オブセッションのカケラもないとこはいいと思った。

 プライマル・スクリームの新作『Xtrmntr』(1月19日日本先行発売)を聴く。いや、これは……すごい。大傑作。これまで以上に甘美で蠱惑的な毒と生のエネルギーに満ちている。テクノ、ロック、ニュー・ウエイヴ、ダブ、ヒップホップ、フリー・ジャズなどを溶鉱炉に投げ込み溶かし込んだような混沌。ハードボイルドでフューチャリスティック。マイブラのケヴィン・シールズ、ケミカル・ブラザーズ、デヴィッド・ホルムズ、バーナード・サムナー、オートメイター、エイドリアン・シャーウッド、ブレンダン・リンチなどが参加しているが、白眉はケヴィンの参加曲。あの「グライダー」の興奮が蘇る……という感じ。繰り返すが大傑作です。ここ最近のロックではずば抜けてハード・エッジで、クール。