12日(金)

 六本木の20世紀フォックス試写室で『ファイト・クラブ』……のつもりだったが、25分前に行ったら試写室満席につき入場できず。前日に映画会社の人に電話したら30分前にきてくださいと言われてたんだけど、5分の遅刻がアダになってしまった。コンサートだったら開演前ギリギリでじゅんぶんだけど、人気映画の試写は30分前でもあぶない。なんでもこの日別のところでやっていた『ブエナ・ビスタ・ソーシャル・クラブ』の試写も満員で入場制限があったらしい。
 『ファイト・クラブ』はもちろんデヴィッド・フィンチャーの最新作だが、なんでも男性からは絶賛され、女性からは酷評と、性別によってかなりハッキリ評価は割れてるようだ。アカオさんも『テレビが好きっ!』でそんなことを書いてたけど、そういう映画、基本的に大好きなんですよね。来週の追加試写は45分前に行くことにしよう。

 heikolaux

 Heiko Laux / Liquidism(Kanzleramt/Neuton ka25cd)

 去年出たアルバムだが、入手したのはつい最近。ドイツのミニマリストで、94年ごろから活動しているというから結構なベテランだ。トレゾアのコンピ100番にも参加している。アルバムは2枚目にあたるようだが、そっちは聴いてない。いかにもおドイツなクールでシャープで知的なサウンドスケープ。リズムにキレがあり、上ものののせ方や音色の選び方にセンスを感じる。とにかくがすんごく気持ちよく、かつ瞑想的な気分にさせてくれる。このレーベルのオフィシャル・サイトがまた、めちゃ凝ったデザインですごい。